機能性食品素材一覧 データベース

ボタンイボタケ

ボタンイボタケ

学名

Thelephora aurantiotincta

青森県での生産量等

不明

栄養成分

未測定

特性

ボタンイボタケは、ブナ林のアカマツの根に寄生する、直径5~10㎝のきのこで、扇形のかさを四方に開き、ボタンの花のような形状が特徴。中国の雲南地域では独特の風味と味を持ったおいしいきのことして親しまれている食用きのこである。

マツタケと同じ担子菌類のきのこであるため、栽培は困難であるが、青森県はブナ林が多く、天然のボタンイボタケが豊富に自生している。

主な機能

がん細胞の増殖抑制作用(バイアリニンA、テレファンチンO)
アレルギー抑制作用(バイアリニンA)

機能性成分

バイアリニンA

抗酸化作用、抗アレルギー作用が報告されている成分で、青森県立保健大学がボタンイボタケから初めて抽出し、抗がん作用があることも発見した。

バイアリニンAはヒトの肝細胞に毒性を示さないが、ヒト大腸がん細胞、ヒト肝がん細胞の細胞増殖を著しく抑制する。

テレファンチンO

青森県立保健大学がボタンイボタケから初めて抽出した、抗がん作用のある物質。

テレファンチンOは、ヒトの肝細胞に毒性を示さないが、ヒト大腸がん細胞、ヒト肝がん細胞の細胞増殖を著しく抑制する。

利活用、応用の方法、用途など

食用方法、生理作用の応用法は、現在検討中。

青森県立保健大学では、ボタンイボタケから有効成分であるバイアリニンA及びテレファンチンOを抽出・製造する方法について、特許を出願している。

食品成分には薬物の効果ほど顕著ではないが、長い期間を経てがんが発生する過程での突然変異の抑制、死細胞への誘導、細胞増殖抑制効果などがんの予防や進行抑制に効果が期待されるものがある。従って、これらを日常的に摂取することで長い期間中にがんとなるのを防ぐ可能性が期待される。ボタンイボタケもがん細胞の増殖抑制効果が明らかになったことから、この様ながん予防効果が期待できるが、効果的な食べ方等は検討中である。

研究機関

公立大学法人 青森県立保健大学 研究推進・知的財産センター
〒030-0953 青森市浜館間瀬58-1
TEL:017-765-4085
ボタンイボタケ

ボタンイボタケ

学名

Thelephora aurantiotincta

青森県での生産量等

不明

栄養成分

未測定

特性

ボタンイボタケは、ブナ林のアカマツの根に寄生する、直径5~10㎝のきのこで、扇形のかさを四方に開き、ボタンの花のような形状が特徴。中国の雲南地域では独特の風味と味を持ったおいしいきのことして親しまれている食用きのこである。 マツタケと同じ担子菌類のきのこであるため、栽培は困難であるが、青森県はブナ林が多く、天然のボタンイボタケが豊富に自生している。

主な機能

がん細胞の増殖抑制作用(バイアリニンA、テレファンチンO) アレルギー抑制作用(バイアリニンA)

機能性成分

バイアリニンA

抗酸化作用、抗アレルギー作用が報告されている成分で、青森県立保健大学がボタンイボタケから初めて抽出し、抗がん作用があることも発見した。

バイアリニンAはヒトの肝細胞に毒性を示さないが、ヒト大腸がん細胞、ヒト肝がん細胞の細胞増殖を著しく抑制する。

テレファンチンO

青森県立保健大学がボタンイボタケから初めて抽出した、抗がん作用のある物質。

テレファンチンOは、ヒトの肝細胞に毒性を示さないが、ヒト大腸がん細胞、ヒト肝がん細胞の細胞増殖を著しく抑制する。

利活用、応用の方法、用途など

食用方法、生理作用の応用法は、現在検討中。

青森県立保健大学では、ボタンイボタケから有効成分であるバイアリニンA及びテレファンチンOを抽出・製造する方法について、特許を出願している。

食品成分には薬物の効果ほど顕著ではないが、長い期間を経てがんが発生する過程での突然変異の抑制、死細胞への誘導、細胞増殖抑制効果などがんの予防や進行抑制に効果が期待されるものがある。従って、これらを日常的に摂取することで長い期間中にがんとなるのを防ぐ可能性が期待される。ボタンイボタケもがん細胞の増殖抑制効果が明らかになったことから、この様ながん予防効果が期待できるが、効果的な食べ方等は検討中である。

研究機関

公立大学法人 青森県立保健大学 研究推進・知的財産センター
〒030-0953 青森市浜館間瀬58-1
TEL:017-765-4085

データベース検索

検索したい食品名や成分名を下記フォームに入力して検索が可能です。