機能性食品素材一覧 データベース

イシモズク

イシモズク

学名

Sphaerotrichia divaricata

青森県での生産量等

西津軽沿岸(深浦町、今別町、鯵ヶ沢町)、下北半島沿岸(佐井町、大間町)

栄養成分 (出典:日本食品標準成分表2020年版 (八訂))

水分 96.7g
炭水化物 1.4g (食物繊維)
脂質 0.2
タンパク質 0.3g
灰分 0.8g

特性

青森で収穫されるイシモズクは沖縄で収穫されるオキナワモズク(Cladosiphon okamuranus)とは学名が異なり、形は似ていますが違う種です。藻体が比較的しっかりとして硬く、オキナワモズクと比較すると、程よい食感があることが特徴です。岩礁や石に付着し成長していくことが名前の由来とされています。7月ごろが盛漁期で旬ですが、塩蔵や冷凍物も流通しており、通年で美味しく頂けます。

主な機能

食物繊維→海藻類に含まれるフコイダンなどの食物繊維が腸内環境の改善に役立てます。
フコキサンチン→ワカメ、コンブ、モズクなどの褐藻類にしか含まれない赤い色素成分です。抗酸化機能の他、抗肥満、抗糖尿作用の機能性が報告されています。

機能性成分

食物繊維

海藻類に含まれるフコイダンなどの食物繊維が腸内環境の改善に役立てます。

フコキサンチン

ワカメ、コンブ、モズクなどの褐藻類にしか含まれない赤い色素成分です。抗酸化機能の他、抗肥満、抗糖尿作用の機能性が報告されています。

利活用、応用の方法、用途など

酢の物、汁物の具、サラダ

研究機関

弘前大学 農学生命科学部 前多隼人
弘前大学農学生命科学部
hayatosp@hirosaki-u.ac.jp
イシモズク

イシモズク

学名

Sphaerotrichia divaricata

青森県での生産量等

西津軽沿岸(深浦町、今別町、鯵ヶ沢町)、下北半島沿岸(佐井町、大間町)

栄養成分

水分 96.7g 炭水化物 1.4g (食物繊維) 脂質 0.2 タンパク質 0.3g 灰分 0.8g

特性

青森で収穫されるイシモズクは沖縄で収穫されるオキナワモズク(Cladosiphon okamuranus)とは学名が異なり、形は似ていますが違う種です。藻体が比較的しっかりとして硬く、オキナワモズクと比較すると、程よい食感があることが特徴です。岩礁や石に付着し成長していくことが名前の由来とされています。7月ごろが盛漁期で旬ですが、塩蔵や冷凍物も流通しており、通年で美味しく頂けます。

主な機能

食物繊維→海藻類に含まれるフコイダンなどの食物繊維が腸内環境の改善に役立てます。 フコキサンチン→ワカメ、コンブ、モズクなどの褐藻類にしか含まれない赤い色素成分です。抗酸化機能の他、抗肥満、抗糖尿作用の機能性が報告されています。

機能性成分

食物繊維

海藻類に含まれるフコイダンなどの食物繊維が腸内環境の改善に役立てます。

フコキサンチン

ワカメ、コンブ、モズクなどの褐藻類にしか含まれない赤い色素成分です。抗酸化機能の他、抗肥満、抗糖尿作用の機能性が報告されています。

利活用、応用の方法、用途など

酢の物、汁物の具、サラダ

研究機関

弘前大学 農学生命科学部 前多隼人
弘前大学農学生命科学部
hayatosp@hirosaki-u.ac.jp

データベース検索

検索したい食品名や成分名を下記フォームに入力して検索が可能です。